【イオントフォレーシス】-顔、脇、手掌の多汗症対策!


⇒⇒わきの臭いが気になるなら!医薬部外品★強力消臭の「クイックダッシュ」

イオントフォレーシスで多汗症治療!

多汗症に悩む人も多いのではないでしょうか。

多汗症は美容整形、皮膚科、形成外科等でのボトックス治療や手術で改善できます。顔、手のひら、わきの下、足などに大量に汗をかいてしまい、また、その臭いが気になりコンプレックスになってしまいます。

手のひらに大量の汗をかけば手を繋ぐ事が嫌になります。わきの下に大量に汗をかけば服のシミが気になってお洒落もできません。多汗症の人にとっては深刻な悩みになってしまいます。

多汗症は治らない病気と思われがちですが、きちんとした対策、治療をすれば改善できます。

多汗症の下のだと必要以上に悩むのではなく、専門家への相談や自分で出来る多汗症対策グッズなどを使用してのケアをして多汗症を改善しましょう!

イオントフォレーシスとは?

イオントフォレーシスによる治療は、欧米では多汗症治療によく使われる方法で、イオン浸透療法とも呼ばれています。

イオントフォレーシスによる多汗症治療は、水道水を浸したパッドを多汗症の部分に当て、そこに弱い電流を流す事で発汗を抑制します。

手掌、脇の下、足の裏がイオントフォレーシスでの多汗症治療ができる部位になります。

多汗症治療以外にもイオントフォレーシスは使用されていて、吸収効率が良い誘導体プロビタミンCをを導入してニキビ、シミ、しわの治療でイオン導入と呼ばれ美容外科等で使用されています。

欧米で多汗症治療によく使用されるイオントフォレーシスですが、1935年に東北大学の市橋先生が電流を種々の液体中で通電する事により発汗量が減少する事を報告したのが最初で、実は日本が起源だそうです。

イオントフォレーシスによる多汗症治療

イオントフォレーシスによる多汗症治療は日本のクリニックではあまり行われていないそうです。

日本では効果に対する疑問などがあり多汗症治療として普及しなかった事が理由だそうです。

しかし、イオントフォレーシスによる多汗症治療は有効である事は証明されているそうで、軽〜中度の多汗症治療に効果的です。

イオントフォレーシスによる多汗症治療のメリットとしては、

・副作用が無い

・傷跡が残ったり、痛みを伴わない

・わきがにも効果的

などが挙げられるそうです。

 

逆に、イオントフォレーシスによる多汗症治療のデメリットとしては、

・特定の部位しか治療ができない

・治療開始から効果がでるまで数週間かかる

・継続してイオントフォレーシスによる多汗症治療を行う必要がある

・イオントフォレーシスによる多汗症治療を止めてしまうと再発の可能性がある

・イオントフォレーシスによる多汗症治療を行っているクリニックが少ない

などが挙げられるそうです。

イオントフォレーシスによる多汗症治療には一長一短あるようですね。

 

イオントフォレーシスによる多汗症治療は自宅でもできます。

通販で購入できるドライオニックという機器がそれで、アメリカのジェネラル・メディカル社が販売しています。

自分の多汗症の症状、継続する事が可能かなどを考慮してイオントフォレーシスによる多汗症治療を検討すると良いと思います。

イオントフォレーシスの副作用、口コミなど

イオントフォレーシスの副作用、その他口コミなどを調べてみました。

イオントフォレーシスの副作用についてはほとんど心配無いようです。

稀に、治療した部位がかぶれてしまう事があるそうですが、軽いもののようで、重い副作用の心配はほとんど無いと考えて良いようです。

イオントフォレーシスによる多汗症治療の口コミは、治療しているクリニックが少ない事もありほとんど見つかりませんでした。

多汗症は治療できます。多汗症で悩む方も多いと聞きます。手掌(手のひら)、脇の下、顔面、頭など自分は多汗症ではと思う方もいると思います。精神性の多汗症であれば心理療法などの治療。また、費用はかかりますが、レーザー治療、多汗症手術、ボトックス治療、投薬治療、塩化アルミニウム、漢方薬治療などで多汗症を治す事もできます。汗=臭いというイメージがあり、他人に汗の臭いで迷惑をかけているのではと気になる場合は、多汗症手術等の治療を思い切って受けるのも方法ですが、手術費用等が気になります。そんな場合は制汗スプレー等の多汗症対策グッズで消臭すれば充分ではないでしょうか。多汗症はワキガとは違いますので、自分の症状を見極めて多汗症対策を!