【手掌の多汗症】-顔、脇、手掌の多汗症対策!


⇒⇒わきの臭いが気になるなら!医薬部外品★強力消臭の「クイックダッシュ」

手掌の多汗症対策!

多汗症に悩む人も多いのではないでしょうか。

多汗症は美容整形、皮膚科、形成外科等でのボトックス治療や手術で改善できます。顔、手のひら、わきの下、足などに大量に汗をかいてしまい、また、その臭いが気になりコンプレックスになってしまいます。

手のひらに大量の汗をかけば手を繋ぐ事が嫌になります。わきの下に大量に汗をかけば服のシミが気になってお洒落もできません。多汗症の人にとっては深刻な悩みになってしまいます。

多汗症は治らない病気と思われがちですが、きちんとした対策、治療をすれば改善できます。

多汗症だと必要以上に悩むのではなく、専門家への相談や自分で出来る多汗症対策グッズなどを使用してのケアをして多汗症を改善しましょう!

手掌の多汗症の原因

手掌の多汗症で悩んでいるかたも多いのではないでしょうか。

手掌の多汗症は人前に出た時など緊張状態の時に手のひらに異常に汗をかいてしまう症状です。

多汗症の中でも手掌の多汗症で悩んでいる人の割合が多いそうです。

人と手を繋ぐ事が嫌になったり、お店で買い物をしてお釣りをもらう時、逆にお釣りを渡すときに気になってしまったり、仕事や勉強に支障をきたしたりなど手掌の多汗症の悩みは人によって色々あり、深い悩みになってしまうようです。

異性と手を繋ぐ事が嫌になってしまうのは悲しいですよね。

手掌の多汗症に男女差はないそうで、主に10代カラ30代の若い方に多く見られるそうです。

また、遺伝のケースも多く見られ、家族内で手掌の多汗症の方がいる場合は注意が必要です。

手掌の多汗症は精神的なものが原因の場合が多く、自分が手掌の多汗症では?と悩んでしまい、それが原因でさらに手掌の多汗症の症状が進んでしまう悪循環になってしまう場合もあるようです。

対人恐怖症、あがり症の方に手掌の多汗症は多く見られるようで、緊張時に手が震えてしまうなどの症状が出る方も。

他に、脇の下、足の多汗症の症状も同時に出てしまう方も多いそうです。

手のひらの汗は誰でもかくもので、気にする必要は無いとも言われますが、普段の生活に支障が出てしまう場合もあるので、できるなら手掌の多汗症を治療したいですよね。

 

★手掌の多汗症の分類

1、手の平が汗で湿っている程度。見た目ではほとんど分からない状態

2、手の平に汗による水滴が見た目で分かる状態

3、手の平の汗の水滴がしたたり落ちてしまう状態

2、3の状態の場合は手掌の多汗症手術をするメリットがあるそうです。

手掌の多汗症の治療、対策

手掌の多汗症の治療、対策は可能だそうです。

手掌の多汗症の治療、対策は1つでは無く、その人の症状や原因によって違ってくるようですね。

精神的なものが原因ならば、精神安定剤など内服薬の使用やカウンセリングなどで手掌の多汗症を治す事ができます。

皮膚科などでの手掌の多汗症の治療としては、ボトックス注入などの神経ブロック注射、イオントフォレーシス、剪除法手術など色々治療法はあるようです。

手掌の多汗症の手術法も色々あり、アポクリン汗腺とにエクリン汗腺を除去する手術が基本のようです。

手掌の多汗症の手術の技術は年々進歩しているようで、聖心美容外科では特殊な器具を使ったマイクロリムーブ法で、日帰り手術が可能で、傷も小さくて済むようです。

他にも、手掌の多汗症の治療法、手術法は各皮膚科、クリニックで色々あるので、費用、治療日数などを検討して、自分に合った治療を選択すると良いと思います。

また、手掌の多汗症の治療をする際は信頼できる医院、医師への相談をする事をお薦めします。

自分では手掌の多汗症の手術が必要と思っても、実際相談してみて手術が必要でない場合もあるかもしれません。

また、必要ない手術や治療を行う悪徳美容整形の存在も噂されていたりするので、1つの病院への相談で判断するのではなく、いくつかの病院へ相談すると良いでしょう。

大手のクリニックなどは無料メール相談を行っていますので、利用してみると良いかもしれません。

手掌の多汗症手術や治療は費用もかかるし、そこまでしたくないと考えた場合は、面倒かもしれませんが、ハンカチを常に持ち歩くなどしてケアする事が1番かもしれません。

実際手掌の多汗症対策の口コミや体験談を見てみると、ハンカチを持ち歩くケアをしている人が多いようです。

また、難しいかもしれませんが、気にしない、悩まないという事が手掌の多汗症対策には効果的なようです。

多汗症は治療できます。多汗症で悩む方も多いと聞きます。手掌(手のひら)、脇の下、顔面、頭など自分は多汗症ではと思う方もいると思います。精神性の多汗症であれば心理療法などの治療。また、費用はかかりますが、レーザー治療、多汗症手術、ボトックス治療、投薬治療、塩化アルミニウム、漢方薬治療などで多汗症を治す事もできます。汗=臭いというイメージがあり、他人に汗の臭いで迷惑をかけているのではと気になる場合は、多汗症手術等の治療を思い切って受けるのも方法ですが、手術費用等が気になります。そんな場合は制汗スプレー等の多汗症対策グッズで消臭すれば充分ではないでしょうか。多汗症はワキガとは違いますので、自分の症状を見極めて多汗症対策を!